高齢者および基礎看護学領域における「抑制」教授時のジレンマ  [in Japanese] Experience of Dilemma in Teaching the Use of Restraints  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,高齢者および基礎看護学領域で「抑制」を教授する際に教員が経験しているジレンマの頻度とその内容を明らかにすることを目的とした。平成12年に郵送法による質問紙調査を実施し,241名から回答があった(回収率は,47.3%)。その結果,高齢者および基礎看護学領域で「抑制」を教授している看護教員111名のうち64%(71人)が葛藤を感じながら教育している実態が明らかになった。ジレンマについての質的データ分析の対象者は,「葛藤を感じている」と回答した71名とした。分析の結果,ジレンマには,5つの主カテゴリーと18の副カテゴリーがあることが明らかになった。最も頻度の高かったカテゴリーは,「抑制教育・教育方法・教育の効果に対する疑問」であった。ジレンマを解消する方策として,「抑制」教育内容と方法を整備すること,特に抑制の弊害を教育していくことが極めて重要であることが示唆された。

The purpose of this study was to describe nursing instructors' experience of dilemma in teaching the use of restraints. A mail survey was conducted in 2000 and 241 instructors in gerontological and fundamental nursing responded. Quantitative data showed that 64 % (71) of the 111 instructors, who taught the use of restraints, experienced dilemma. Analysis of the qualitative data from 71 instructors identified five categories and 18 subcategories regarding their dilemma. "Uncertainty regarding content, procedure, and outcome of the restraint education" was the most frequent category. The results suggest that it is extremely important to develop adequate content and strategies for teaching regarding the use of restraints for the generic education in nursing.

Journal

  • The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 6(1), 62-69, 2003

    Japan Academy of Health Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002345783
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1344-3844
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top