多軸状態における粘‐塑性変形に対する構成式  [in Japanese] Visco-Plastic Constitutive Equations under Multiaxial Condition  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

内部変数が一つのスカラー変数と有限個の2階対称偏差テンソルからなることを仮定し, 多軸状態におけるひずみ異方性に対する新しい連続体力学的表現および粘-塑性構成式の形式化について述べた. 得られた等ひずみ速度面は, 先行する変形方向に曲率が大きく, 常温で実験的に確かめられた等ひずみ面と類似する. 本理論と著者らの実験結果を比較したところ, 多軸状態におけるひずみ異方性の効果がかなりの精度で表された.

Journal

  • TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series A

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series A 46(412), 1440-1449, 1980

    The Japan Society of Mechanical Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002375548
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0018742X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0387-5008
  • NDL Article ID
    2297510
  • NDL Source Classification
    M071(工業材料・材料試験)
  • NDL Source Classification
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL Call No.
    Z14-737
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top