クリープ損傷構成式における材料損傷の局所性の効果  [in Japanese] Effect of the Local Feature on the Damage Growth in Constitutive Equations of Creep and Creep Damage  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

クリープ変形の進行は大域的現象であるのに対して, 空げきの成長, すなわち損傷の発達は局所的状態で支配される. 本報では, このような極書生の効果を考慮して, 損傷の芳香性について議論した前報の理論をさらに発展させた. 本理論の妥当性を確かめるため, つぎに比例並びに非比例負荷を受ける薄肉円筒のクリープとクリープ損傷過程を解析し, その結果を250℃での銅薄肉円管に対する実験結果および従来の理論による結果と比較した.

Journal

  • TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series A

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series A 47(418), 573-581, 1981

    The Japan Society of Mechanical Engineers

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002375619
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0018742X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0387-5008
  • NDL Article ID
    2319185
  • NDL Source Classification
    M071(工業材料・材料試験)
  • NDL Source Classification
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL Call No.
    Z14-737
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top