35-NZの抗アレルギー作用について Anti-Allergic Action of 35-NZ

この論文にアクセスする

著者

抄録

強力なhistidine decarboxylase阻害作用があるといわれる35-NZの抗アレルギー作用について検討し, 以下の成績をおさめた.1) 抗egg albuminウサギ血清を用いたモルモットのpassive systemic anaphylaxisは35-NZにより軽度抑制された.2) 感作モルモット肺切片からのアナフィラキシー性mediator遊離はin vitroで35-NZにより抑制されなかった.また, 反応惹起3時間前に35-NZを投与したモルモットの肺切片からのmediator遊離量は減少しなかったが, 反応惹起5日前から1日1回宛連続投与した場合には軽度減少した.3) 抗egg albuminウサギ血清を用いたモルモットのheterologous PCAは35-NZの反応惹起3時間前または5日前からの連続投与により抑制されなかった.4) 抗DNA-Asラット血清によるラットのhomologus PCAは35-NZの反応惹起3時間前後の投与により抑制されなかったが, 5日前からの連続投与では抑制された.5) 抗ラットウサギ血清によるラットのアレルギー性炎症は35-NZの反応惹起3時間前の投与により抑制されなかった.6) モルモットのp-phenylenediamineによる接触性皮膚炎は35-NZの反応惹起3時間前の投与により抑制された.7) 35-NZの抗アレルギー作用はhistidine decarboxylase阻害以外の機序によるものと思われる.

The effect of 2-methyl-6, 7-methylenedioxy-8-methoxy-1-(4', 5', 6-triethoxy-7'-aminophtalidy1)-1, 2, 3, 4-tetrahydroisoquinoline (35-NZ), which is accepted as a potent inhibitor of histidine decarboxlase, was examined on allergic reaction. Anaphylactic mediator release from guinea pig lung was not decreased by 35-NZ in vitro, and also the mediator release was not decreased from lung of guineapig treated with single dose (100 to 500 mg/kg) of 35-NZ at 3 hours prior to challenge, but was decreased slightly from the same of which treated with continuous doses (100 mg/kg, daily) of the drug for 5 days. Passive systemic anaphylaxis in guinea pigs was inhibited slightly by the single dose of the drug. Heterologous passive systemic anaphylaxis in guinea pigs was neither affected by the single dose nor continuous dose of 35-NZ. On the other hand, homologous passive cutancous anaphylaxis in rats was not affected by the single dose of 35-NZ, but was inhibited by the continuous doses. No anti-phlogistic action was found by the single dose of the drug in rats. As for delayed allergic reaction, contact dermatitis in guinea pigs caused by inotophoresis of p-phenylenediamine was inhibited with the single dose of 35-NZ. Therefore, the anti-allergic action of 35-NZ seems to be owing to other mechanism than histidine decarboxylase-inhibition.

収録刊行物

  • アレルギー

    アレルギー 22(10), 640-648,659, 1973

    一般社団法人 日本アレルギー学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002409155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012583
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-4884
  • NDL 記事登録ID
    7497634
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-32
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ