乳糖不耐症と牛乳アレルギーとの密接な関係について Close Relationship between Lactose Intolerance and Allergy to Milk Protein

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

24例の牛乳アレルギーの患者において, 乳糖不耐症について検討し, 両者の間に密接な関係のあることが判明した.牛乳および牛乳製品の除去と投与によって診断した牛乳アレルギーの患者24名に, 乳糖負荷試験を行い, 12例が血糖の上昇が20mg/dl以下であった.12例中10例は乳糖負荷試験に際し, 悪心嘔吐, 腹部膨満, 腹痛, 下痢などの症状を呈し, そのうち3例に乳糖尿がみられた.以上より, 牛乳アレルギーの患者の半数に乳糖不耐症が存在していた.この乳糖不耐症を呈した6例にlactose-free milkおよびlactose-free caseinで誘発試験を行い, そのことごとくに悪心嘔吐, 腹部膨満, 下痢, 頭痛, 鼻閉, 蕁麻疹, ストロフルス, 頻尿, 起立性蛋白尿などの症状が誘発され, 牛乳蛋白に対し過敏であることが確認できた.牛乳アレルギーの患者(主として小児)においては, 乳糖不耐症の頻度が高いこと, および乳糖不耐症の患者においては牛乳蛋白アレルギーの存在することを証明して, 乳糖不耐症の成因として牛乳蛋白アレルギーを推定した.

Out of 24 milk allergy patients, 12 were proved to be lactose intolerant by the lactose load test. Of these, 10 showed symptoms, such as colic, abdominal distension and/or diarrhea, while two did not. Lactosuria was observed in only three of twelve. Provocative testing with milk protein using lactose-free milk, lactose-free casein or both was carried out on six patients with lactose intolerance. All six showed allergic reactions, indicating that milk protein allergy existed in addition to lactose intolerance. Thus, it seems likely that allergy to milk protein and lactose intolerance are closely related.

収録刊行物

  • アレルギー

    アレルギー 24(9), 665-674,689-69, 1975

    一般社団法人 日本アレルギー学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002409890
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012583
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00214884
  • NDL 記事登録ID
    1617858
  • NDL 刊行物分類
    SC371;SC211
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-32
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ