PAFによる家兎血小板からのヒスタミン放出 HISTAMINE RELEASE FROM RABBIT PLATELETS BY PLATELET-ACTIVATING FACTOR (PAF)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小杉 忠誠 Kosugi Tadayoshi
    • 琉球大学医学部生理学第1講座:琉球大学附属地域医療研究センター:琉球大学附属動物実験施設 Department of Physiology, University of the Ryukyus:The Research Center of Comprehensive Medicine, University of the Ryukyus:The Institute for Animal Experiments, Faculty of Medicine, University of the Ryukyus

抄録

本研究の目的の第一には, 家兎洗浄血小板をPAFが活性化するか否か, 第二には活性化血小板からPAFによりヒスタミンが放出されるか否か, 第三には, PAF桔抗物質が血小板からのヒスタミン放出を抑制するか否かを検討した. 本実験から以下の結果が得られた. 1) PAFによる血小板凝集の増強と共に, ATPの放出量が増加した. 2) PAF惹起により凝集した血小板を, 超音波破砕後遠心し得られた上清は, モルモットの回腸を収縮させた. さらに, この収縮は抗ヒスタミン剤であるシメチジン, ピリラミンによって抑制された. 3) CV-3988の濃度が1×10^<-5>Mにおいては, PAF惹起による血小板凝集に対する抑制率は35%, ヒスタミン放出に対する抑制率は50%であった. 一方, CV-6209の濃度が5×10^<-7>Mにおいては, PAF惹起の血小板凝集に対する抑制率は35%, ヒスタミン放出に対する抑制率は約30%であった. 以上の結果から, PAFにより活性化された血小板からヒスタミンの放出がみられることが明らかとなった. さらには, PAFと血小板との直接的連関が, アレルギー反応の過程にも存在し, PAF活性化血小板から放出されたヒスタミンがアレルギー反応をさらに修飾している可能性があるものと推察された.

In this study, we examined firstly whether PAF could activate washed platelets of rabbits and release ATP from the platelets, secondly whether activated platelets could release histamine, and thirdly whether certain antagonists of PAF could inhibit the release of histamine from platelets. The results obtained in these experiments may be summarized as follows. 1) Release of ATP was increased with enhanced platelet aggregation by PAF. At 3.4×10^<-7> M of PAF, the maximal aggregation rate of platelets was about 70% and the concentration of released ATP was 1.6×10^<-5> M. 2) After aggregated platelets induced by PAF had been sonicated and centrifuged, the resultant supernatant could cause contraction of the guinea pig ileum. This contraction was inhibited by the antihistaminic agents, cimetidine and pyrilamine. Furthermore, the histamine content of the supernatant was about 3.7 μg/ml (platelet count, 30×10^4/μl). 3) At 10^<-5> M of CV-3988, the inhibitory ratio of PAF-induced aggregation was 35% and that of histamine release was 50%. On the other hand, at 5×10^<-7> M of CV-6209, the inhibitory ratio of PAF-induced aggregation was 35% and that of histamine release was about 30%. From the above results, it was clear that PAF-activated platelets could release histamine. In addition, it is suggested that a direct relationship between PAF and platelets may exist in the process of allergic reactions, and histamine from PAF-activated platelets may modify allergic reactions.

収録刊行物

  • アレルギー

    アレルギー 43(3), 501-510, 1994

    一般社団法人 日本アレルギー学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002422464
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-4884
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ