肥満細胞 最近の研究の進歩  [in Japanese] RECENT PROGRESS OF MAST CELL RESEARCH  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

肥満細胞の研究は大部分は即時型アレルギーのエフェクターとしての機能についてのものである. 少し目先を変えてこの総説では(1)肥満細胞の分化に関与する転写因子, (2)肥満細胞の腫瘍, (3)肥満細胞が関与する自然免疫について書く. 1. 肥満細胞の分化に関与する転写因子 肥満細胞は多分化能血液幹細胞の子孫である. 多分化能血液幹細胞の子孫のうち, 赤血球と血小板の分化にはGATA-1とGATA-2が関与し, マクロファージ, B細胞, 好中球の分化にはPU. 1が関与する. GATA転写因子とPU. 1は上記の細胞の分化に対しては拮抗的に働くが, 肥満細胞の分化にはGATA転写因子とPU. 1が協調的に働く点に特色がある. GATA転写因子とPU. 1が肥満細胞の分化に関与するのは比較的に初期の段階であるが, 我々が調べたmicrophthalmia転写因子(MITF)は肥満細胞の分化の後期に関与している. 我々はMITF遺伝子自身が転写されないためにMITFを欠損するマウスを, 肥満細胞を欠損するWBB6F_1-Kit^W/Kit^W-νマウスと同じ遺伝的背景で作成した.

Journal

  • Japanese Journal of Allergology

    Japanese Journal of Allergology 54(2), 45-47, 2005

    Japanese Society of Allergology

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002435802
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00012583
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0021-4884
  • NDL Article ID
    7284984
  • NDL Source Classification
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-32
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top