『露日単語集』に基づく18世紀薩隅方言のエ列音 The Vowel e in Satsugu Dialect in the Eighteenth Century : Based on Ronichi tangoshu

この論文をさがす

著者

抄録

18世紀前期の薩摩漂流民が著したとされる『露日単語集』には, エ列音が「e」「Б」という2種類の文字で記されている。本稿では, この2種類の文字について, その使用状況と, 当時のロシア語正書法, 現代薩隅方言の実態等をもとに考察し, 本資料のエ列音表記が次のような音韻論的特徴を示していることを指摘した。すなわち, 語頭の「エ」ならびに「ケ」「セ」「テ」「ネ」「メ」「ゲ」「ゼ」「デ」「ベ」に2種類の音節が存在していたということである。そして, その各音節の2種類のうち少なくとも1種類は, 口蓋性を備えていたと考えられる。このことは一地方の方言史に止まらず, 日本語音韻史の解明に有効な既存の資料を解釈する上でも, 重要な意味を持つものと考えられる。

Ronichi tangoshu is a Russian-Japanese vocabulary, which is said to be written by Gonza, a man from Satsuma who drifted to Russia by boat in the 18th century. In the vocabulary, two letters were used to represent the vowels which correspond to /e/ in the present-day Satsugu Dialect : 'e' and 'Б', for example, eдa (eda 'branch'), Бкаки (ekaki 'painter'). In this paper, by examining the use of these two letters in Ronichi tangoshu, the Russian orthographical system at that time and the phonological system in the present-day Satsugu Dialect, I conclude that there were phonological distinctions between /e^1/ and /e^2/ in the syllables e (at word-initial position), ke, ge, se, ze, te, de, ne, be and me in the Satsugu Dialect in the 18th century, and one or both of /e^1/ and /e^2/ were palatalized. This conclusion is significant for the reconstruction of the history of the Japanese phonological system.

収録刊行物

  • 国語学

    国語学 55(2), 45-58, 2004-04

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002533479
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00087800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    04913337
  • NDL 記事登録ID
    6950833
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-341
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ