eラーニングへのニーズに関する考察--利用実態調査と事例分析を手がかりとして A Study on needs for e-learning -- Through the analysis of national survey and case studies

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、各大学や学習者のe ラーニングへのニーズに焦点を当てた考察を行う。本稿では、e ラーニングについて次のような類型化を行う。類型I:通信制でe ラーニングを主体として単位又は学位取得が可能。類型II:通学制で一部の授業についてはe ラーニングを主体として単位の取得が可能。類型III:通学制の授業において補助的にe ラーニングを活用。その上で、まず、メディア教育開発センターが公表している利用実態調査に基づいて、類型IIIについては大学側のニーズが比較的高いことを明らかにする。次に、事例分析に基づき、類型I、IIは社会人や外国人学生、専門的な内容を学ぶ学生などのニーズに応えている形態であること、また、全ての類型が教育内容、方法の質の向上に役立つという点で学生のニーズに応えるものであることを明らかにする。多くの大学にニーズがあり、学生のニーズにも応えることになる類型IIIが今後最も進むe ラーニングの形態であることが予測でき、類型I、IIの普及については、潜在的な学習者の発掘がどの程度できるかが鍵であると結論付けられる。

The needs of Japanese universities and learners for e-learning are mainly focused on in this study. First, e-learning cases are classified into three categories: type I , correspondence courses where students can obtain credits and/or degrees mainly based on e-learning; type II, on-campus courses where students can obtain some credits based on e-learning; and type III, on-campus courses where the faculty uses e-learning tools as a supplemental measure of their classes. A Survey conducted by National Institute of Multimedia Education clearly shows that the needs of universities for type III is comparatively high. Based on case studies, this paper clarifies the following two points: first, students such as working students, foreign students, and those who study specialized areas are the main beneficiaries of types I and II ; second, all types meet students'needs by improving the qualities of classes. It seems reasonable to conclude that type III is expected to become the most popular model of e-learning because it responds to the needs of students and universities and that promotion of type I and/or II is possible if universities are successful in providing curriculums that suit the needs of potential students.

収録刊行物

  • Progress in informatics : PI

    Progress in informatics : PI 2, 77-86, 2005-11

    国立情報学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002558870
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12018938
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    13498614
  • NDL 記事登録ID
    7757227
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z78-A321
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ