地域教材の開発研究を通した科学教育の実践支援 : 城山学習の構想・実践・評価  [in Japanese] Support on practice of science education through the research for development of regional teaching materials  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

愛媛大学教育学部で組織的に進めている地域教材の開発研究を発端にして,大学と附属小学校の教員が共同で小学校6年の単元「大地のつくり」の構想,実践,評価を行った。教育学部の教員と学生は,実践上の課題が多い野外学習のための教材作成や野外調査のときの補助を行い,地域の自然環境を生かした実践を支援した。本研究のプロセスは,教育学部における教育研究活動が教育実践へと展開するような支援のモデルを提示する。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 17(5), 103-108, 2003

    Japan Society of Science Education

References:  3

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002664686
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top