体動アーチファクトに強い脈拍計測技術の開発 Development of the pulse rate measurement technology to reduce influence of motion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The tool is expected to monitor the living body information without feeling strange in daily life. Although the pulse rate is the important information of the living body, it was difficult to measure pulse rate correctly during motion, because the pulse rate have much influenced of the body motion. We developed pulse rate measurement technology to reduce influence of motion by sensor and signal processing.

収録刊行物

  • マイクロメカトロニクス

    マイクロメカトロニクス 48(3), 42-51, 2004

    一般社団法人 日本時計学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    近藤

    日本時計学会誌, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    佐久本

    日本時計学会誌, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本工業技術センター

    適応フィルタ/適応等化器の基礎と実際

    被引用文献1件

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002672277
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546384
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13438565
  • NDL 記事登録ID
    7112993
  • NDL 雑誌分類
    ZN12(科学技術--機械工学・工業--精密機械)
  • NDL 請求記号
    Z16-440
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ