「不正アクセス」対策法制の意義 The Point of the act against "Irregular Access''

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

警察庁および郵政省は「不正アクセス」を禁止・処罰する素案を提示し、今国会において法案を提出する予定である。しかし、そこで問題とされるサーバへの「不正アクセス」行為はその内容が不明確であり、その規制は実質的な処罰根拠を欠くうえ、規制効果の点でも問題がある。むしろ個人の情報コントロール権に基づく情報セキュリティの侵害、情報のインテグリティの侵害として無権限アクセスを位置づけ、データに対する無権限アクセスの規制および処罰が必要であり、それが情報処理の信頼性の確保につながるものといえる。Last year, each of NPA and MPT made their proposal of the act against "Irregular access" to a computer system, and they will be present the legilative bill together. But "irregular access" to a computer system, which is issued there, is vaguely, its criminalization has no essential reasonable reason, and I have some doubt about the deterrant to crime by "irregular access". It is necessary for a better deterrant to criminalize unauthorized access to data in computer system and transfered data with the reason, why it violates Data Security or Dara Integrity depended on personal right of contraling our own information. This way of lagislation leads to securing reliability of information processing.

Last year, each of NPA and MPT made their proposal of the act against "Irregular access" to a computer system, and they will be present the legilative bill together. But "irregular access" to a computer sysetem, which is issued there, is vaguely, its criminalization has no essential reasonable reason, and I have some doubt about the deterrant to crime by "irregular access", It is necessary for a better deterrant to criminalize unauthorized access to data in computer system and transfered data with the reason, why it violates Data Security or Data Integrity depended on personal right of contraling our own information. This way of lagislation leads to securing reliability of information processing.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)

    情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) 1999(24(1998-CSEC-004)), 37-42, 1999-03-05

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

  • <no title>

    http://www.npa.go.jp/seiankis3/top.htm

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/new/981125j601.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    法務省刑事局刑事法制課編

    基本資料組織犯罪と刑事法, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/chikyu/hanzai/hanzai2.htm

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/economy/summit/denver/com_kari.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/economy/summit/birmin98/hitech.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/economy/summit/birmin98/commun.html

    被引用文献1件

  • <no title>

    警察庁編

    警察白書 平成十年版, 49頁以下, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.npa.go.jp/soumu5/protxt.htm

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/tsusin/980310j502.htm

    被引用文献1件

  • <no title>

    米澤慶治編

    刑法等一部改正法の解説, 1988

    被引用文献1件

  • コンピュータ犯罪

    堀内捷三

    刑法の現代的展開 II, 131頁以下, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    堀内

    刑法の現代的展開 II, 136, 143

    被引用文献1件

  • <no title>

    http://www.isc.meiji.ac.jp/〜sumwel_h/doc/artcl/artcl1998-5.htm

    被引用文献1件

  • <no title>

    ウ゛ィンフリード ハッセマー

    現代刑法体系の基礎理論, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上正仁

    捜査手段としての通信 会話の傍受, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    日経コンピュータ 11月23日, 136頁以下, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    BARRETT N.

    Digital Crime, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    佐藤幸治

    憲法, 1995

    被引用文献1件

  • プライバシーと知る権利

    佐藤幸治

    法学セミナー 11月号, 24頁以下, 1984

    被引用文献1件

  • 情報コントロール権としてのプライバシーの権利

    松井茂記

    法学セミナー 8月号, 40頁以下, 1988

    被引用文献1件

  • 名誉とプライバシーに関する罪

    佐伯仁志

    刑法の現代的展開 II, 88頁以下

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002675454
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11235941
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ