ジャイアントパンダ精液の生理的特徴 Physiological Characteristics of Electro-Ejaculated Giant Panda (<i>Ailuropoda melanoleuca</i>) Semen

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 趙 佳 ZHAO Jia
    • 九州大学農学部畜産学第一講座 Department of Animal Sciences, College of Agriculture, Kyushu University
    • 藤原 昇 FUJIHARA Noboru
    • 九州大学農学部畜産学第一講座 Department of Animal Sciences, College of Agriculture, Kyushu University

抄録

本研究では, ジャイアントパンダの年齢と精液生産との関係, 電気刺激によって採取された精液の一般性状ならびに新鮮精子と凍結保存精子の体外における生存性などについて比較検討した。ジャイアントパンダは大体5〜25歳までが繁殖可能な年齢で, この期間内にあるものを実験に供した。精液は電気刺激によって採取した。採精後直ちに精液性状を検査した。ついで精液の一部を7%グルコース液で希釈して4℃で保存した。一方, 凍結精液については, 約2%のグリセロールを含む緩衝液で希釈した後, ドライアイスを用いたペレット法で凍結し, 液体窒素中(-196℃)で保存した。ジャイアントパンダの精巣の発達は年齢15歳くらいで最高となり, その後徐々に衰退することが確認され, 精液量も8〜14歳が最高であった。一方, 電気刺激によって採精した精液の量および精子濃度に繁殖季節による差異がみられた。また, 精液量と奇形精子数との間にも関連性が認められ, 精液量が少ない場合には無精子のものも観察された。つぎに, 精液のpHについてみると, 6.4〜7.2の範囲を外れると体外保存した精子の生存性が著しく低下する現象がみられた。さらに, 体外における精子の生存性をみると, 射出直後の精子を0〜4℃で保存すると, 約130時間(約5日)生存したが, 受精可能な運動性(30%以上)を保持するには60時間が限度であった。一方, 凍結・融解精子を37℃で保存した場合, 30%以上の運動性を保持するのは90分間程度であったが, 全ての精子が運動性を停止したのは約6時間後であった。

In the present experiment, 11 heads of giant male pandas (<i>Ailuropda melanoleuca</i>) aged 6 to 20 years old males were used. During breeding season, semen collection was done with an interval of more than 7 days by means of an appropriate semen collection method and the collected semen was used for both artificial insemination and cryogenic storage. In freshly collected and stored semen, spermatozoa survived more than 130 h (>5days) at 0〜4℃, while spermatozoa frozen for 1 to 6 years in liquid nitrogen (-196℃) maintained their motility for only 400 min (>6h) when incubated at 37℃. These two types of semen samples also lead to the production of offspring following artificial insemination. The giant panda spermatozoa were shown to have more than 30% of abnormal spermatozoa, higher than spermatozoa of other cat family. This brought about lower fertility after natural copulation or artificial insemination.

収録刊行物

  • Jpn. J. Zoo Wildl. Med.

    Jpn. J. Zoo Wildl. Med. 2(2), 107-112, 1997

    日本野生動物医学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002683110
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-6133
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ