北海道産アライグマの寄生蠕虫類 Parasitic Helminths of Raccons in Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道石狩地方で駆除あるいは殺処分されたアライグマ68頭についてその寄生蠕虫類の調査を実施したところ, 狸蛔虫<i>Toxocara tanuki</i>(検出されたアライグマの個体数1, 以下同様), 高橋吸虫<i>Metagonimus takahashii</i>(2), 棘口吸虫科の<i>Euparyphium</i> sp.(7)が発見された。アライグマからこれらの蠕虫類が検出されたのは初めてである。

An investigation of the parasitic helminths in 61 feral and 7 captive individuals of raccoons, <i>Procyon lotor</i>, colected in Hokkaido, Japan, was done, and <i>Toxocara tanuki</i>(Ascarididae:Nematoda)[Number of raccoons positively infected:1], <i>Metagonimus takahashii</i>(Heterophyidae:Trematoda)[2]and <i>Euparyphium</i> sp.(Echinostomatidae:Trematoda)[7], were obtained from the feral raccoons. This is the first record of these helminth species from this host species.

収録刊行物

  • 日本野生動物医学会誌

    日本野生動物医学会誌 4(2), 101-103, 1999

    日本野生動物医学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002683148
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    1342-6133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ