発展途上国の理数科教育開発に関する研究(1)  [in Japanese] A Study on International Cooperation in Science and Mathematics Education(I)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では, 発展途上国の理数科達成に関わる先行研究をレヴューし, 途上国における理数科達成に影響を及ぼす要因の特徴を分析した。その結果, 理数科達成に関わる学校のクオリティ, ジェンダー, 教科書の三つの要素がその国の経済状況に関わる指標として提案された。そうした成果に基づき, 効果的な理数科教育分野の教育開発には, 先進国中心の調査データから提案される議論ではなく, 対象となる途上国において特に影響の強い要因を抽出し, その特徴に基づき支援が具現化される必要があることが示唆された。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 14(3), 5-10, 1999

    Japan Society of Science Education

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002686325
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top