科学館と総合的な学習  [in Japanese] Integrated Study with Science Museum  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

これまで学校において, 博物館・科学館の利用が活発になされているが, それはいわば「見学」に終止してしまうことが多く, 「学習」に結びつく例が少なかったのが現状であった。一方, 中教審答申で創設がいわれた「総合的な学習の時間」では, 教科・領域の枠を越えた横断的・総合的な学習を展開することが可能であり, この時間において、「資料的価値」と同時に「教育的価値」を付加しつつある博物館・科学館の利用をすることで, これまでにない学習を展開することが期待される。本稿においては, 「総合的な学習の時間」において, 博物館・科学館を利用し, それをいかに「学習」に結びつけることが可能であるかについての考察を行う。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 15(3), 45-48, 2000

    Japan Society of Science Education

References:  4

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002686436
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top