日本産ホンヤドカリ属pagurusの新種 Pagurus spina, a new species of hermit crab (Decapoda: Anomura: Paguridae) from Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩手県宮古湾の潮間帯岩礁域から採集された3個体の標本に基づき、ホンヤドカリ属の新種Pagurus spina(新称:ヒメケアシホンヤドカリ)を記載した。本新種は、本邦沿岸に普通にみられるケアシホンヤドカリP. lanuginosus De Haanに類似するが、鉄脚の坐節腹面に棘をもつこと、右鋏掌部の内側縁に棘列を欠くこと、生時の色彩が異なるなどの特徴により容易に識別される。

A new intertidal species of hermit crab of the genus Pagurus, P. spina is described and illustrated on the basis of one male and two female specimens from Miyako, on the Pacific coast of northeastern Honshu, Japan. The new species apparently resembles P. lanuginosus De Haan, 1849, also from Japan, but shows differences in the morphology of the chelipeds, armature of the anterior lobe of sternite of the third pereopods, and coloration.

収録刊行物

  • Crustacean Research

    Crustacean Research 23(0), 23-31, 1994

    日本甲殻類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002694374
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10988150
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0287-3478
  • NDL 記事登録ID
    3630252
  • NDL 刊行物分類
    RA82(動物一般・分類・進化--無脊椎動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z54-H522
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ