ヨモギホンヤドカリPagurus nigrofasciaの繁殖生態 Reproductive biology of the hermit crab Pagurus nigrofascia (Anomura: Paguridae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごく最近,新種として記載されたヨモギホンヤドカリの分布と繁殖生態を,模式産地近くの函館湾葛登支の潮間帯において調べた.本種は潮間帯上部の潮線付近の転石域にパッチ状に分布し,季節的移動は見られない.4月から5月にかけて,雄が産卵直前の雌が入っている貝殻をはさみ持つ産卵前ガード行動が観察される.交尾・産卵直後にガード行動は終了する.抱卵雌は4月から2月の間に観察される.抱卵雌の出現時期とその後の卵の発達状態から,主な産卵期は5月で,雌は1年に1回産卵し,約9カ月間という長期にわたって抱卵することが明らかになった.交尾前ガード行動はホンヤドカリ属に普通に見られる行動であるが,長期にわたる抱卵期間は同地に生息する同属他種,あるいは他所に分布する同属のそれと比較しても非常に長く,きわだった繁殖特性といえる.このことは本種の属するホンヤドカリ属は,種類数の豊富さとともに,その繁殖特性にも多様な面が含まれることを示唆している.

The distribution and reproductive biology of the hermit crab Pagurus nigrofascia Komai, 1996, were studied from March 1992 to May 1995 at Kattoshi, Hakodate Bay, northern Japan. The species was distributed in the upper intertidal zone, mainly at pebble-covered areas on the shoreline. Ovigerous females were observed from April to February. Developmental stages of incubated eggs were synchronized within the population. The appearance of ovigerous females and examination of developmental stages of eggs revealed that the main spawning month was May, females oviposited once a year, and eggs were incubated for about nine months through the hot summer and cold winter. This long incubation period is a striking reproductive characteristic compared with other Pagurus spp., and suggests a wide variety of reproductive features may exist within the same genus Pagurus, even among species living in the same habitat.

収録刊行物

  • Crustacean Research

    Crustacean Research 25(0), 86-92, 1996

    日本甲殻類学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002694414
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10988150
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0287-3478
  • NDL 記事登録ID
    4122056
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z54-H522
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ