中国湖南省産ヌマエビ科ヒメヌマエビ属の1新種 Caridina mengaeoides, a new species of freshwater shrimp (Decapoda: Caridea: Atyidae) from Human Province, China

この論文にアクセスする

著者

抄録

中国湖南省において,第1著者は近年大型甲殻類の生物地理学的研究を継続している.1992年8月,多数のヒメヌマエビ属の未記載の標本が採集された.本標本は,Caridina mengae,および"C.typus"グループのヌマエビ類と類似したが,背側が無歯の短い額角を持ち,第1胸脚の指部が掌部よりも長く,雄の第1腹肢内股基部に長い羽状毛を備え,尾部後縁中央には棘がなく,第3顎脚の各節の長さと幅の比によりC.mengaeと区別された.また,雄第1腹肢内肢の形状およびその内突起が内肢中央部からでることより,"C.typus"グループの他の10種とも容易に区別できた.以上のことから本種をヒメヌマエビ属の1新種,C.mengaeoidesとして記載した.

A new species of freshwater atyid shrimp, Caridina mengaeoides from Hunan Province, China is described and illustrated. Caridina mengaeoides is distinguished from other species of the genus Caridina by the following set of characters: short and slender rostrum, unarmed dorsally; pereiopod shape, spination and segment ratios; shape and spination of the posterior margin of telson; and shape of the endopod of the first male pleopod.

収録刊行物

  • Crustacean Research

    Crustacean Research 25(0), 98-103, 1996

    日本甲殻類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002694416
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0287-3478
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ