内モンゴルにおける環境教育のカリキュラム開発  [in Japanese] Environmental education for curriculums development in the Inner Mongolia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

内モンゴルにおいて, 砂塵暴を含めた環境問題を解決する糸口として学校教育で環境教育を実現していくために, 生徒の正確な環境意識を育て, 生徒自らが環境改善に取り組む教育方法を検討した。まず, 内モンゴルの生徒はどのような環境意識を持っているかを把握し, 日本の生徒と比較するために, 直方市で行なわれたのと同じ質問のアンケート調査を実施し, 検討した。また, 内モンゴルの湖のパックテスト調査や大気汚染調査を行った。これらを基に小中学生が活動できる環境教育カリキュラムを作成し, 内モンゴルの初等, 中等学校での一層の環境教育の広がりや実現を訴え, 環境問題を改善するためにはそこに暮らす全員の力と国際社会に一層の理解と協力が欠かせないことを求めた。

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 19(6), 5-9, 2005

    Japan Society of Science Education

References:  4

  • <no title>

    岡内完治

    だれでもできる-パックテストで環境しらべ, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    冉文宏

    基礎教育新概念-環境教育, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    佐島群巳

    環境問題と環境教育, 1992

    Cited by (1)

  • <no title>

    高階玲治

    だれもが活用したい「総合的な学習」100の実践ポイント, 2002

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002695409
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top