RFID等を用いた次世代空港システムの実証実験に関する考察 A Consideration about a Demonstration Experiment of the Next-generation Airport System Using RFID

この論文をさがす

著者

    • 庄司 昌彦 SHOJI Masahiko
    • 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター Center for Global Communications, International University of Japan

抄録

航空手荷物輸送システム等の空港システムヘのRFID導入は、出入国管理の厳格化や航空機を使ったテロの防止など、保安上の目的が大きな要素を占めているという点が特色である。ASTREC(次世代空港システム技術研究組合)では、実際の空港施設、航空便、旅客手荷物を用いたRFIDタグの認識実験を行っており、実験は順調に推移している。今後の課題は「保安上の要求」「コスト」「利用者の利便性」のトレードオフをどう調整していくか、という問題に整理できる。だが、米国政府の政策が「保安上の要求」を強調しており、プロジェクトの実効性やコスト、社会的受容の面でバランスを欠いでいる点が課題である。

A big purpose to introduce RFID technology to airport systems such as an aviation baggage transit system is higher security for immigration control, and prevention of airplane terrorism. It is a feature, of this area. ASTREC (Advanced Airport Systems Technology Research Consortium) has recognition experiments of RFID tags using actual airport facilities, airlines, and passenger baggage. The experiments are being conducted favorably. A major problem for the future is to adjust the trade-off of "security", "cost", and "convenience of passengers." However, the U. S. Government emphasizes "security" too much, and lacks balance in respect of cost, social acceptance, effectiveness of projects.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. EIP, [電子化知的財産・社会基盤]

    情報処理学会研究報告. EIP, [電子化知的財産・社会基盤] 26, 27-28, 2004-12-04

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002695533
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ