対面会議自動アーカイブシステムにおけるセッション管理  [in Japanese] A Session Management on An Automatic Video Archiving System for Face-to-Face Meetings  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

日常のインフォーマルな議論を支援するためのビデオ会議システムにおけるセッション管理について述べた.利用者ができる限りシステムの存在を意識せずに会議を行うことができるよう, 利用者によるシステムの操作をなるべく不要にするための設計を行った.ユーザ管理, グループ管理, セッション管理はグループウェアにおける重要な機能構成要素であるが, 通常はログイン操作やセッション作成・開始・終了操作といったものが必要となり, 利用者の負担となる.ここではBluetoothデバイスを用いた簡便な管理手法を提案し, 利用者が気軽に会議を開始できる環境を提供することを目指している.

We describe a session management on a video conference system for daily informal meetings. We eliminate extra user operations from the proposed system so that users can discuss without the consciousness of the existense of the system. Though user, group and session management are important components of groupware, they require various user operations, such as login operations and session generation, start and end operations, which will be a buren to users. In this paper, we propose a simple manegement technique using Bluetooth devices and aim to provide a comfortable discussion environment for users.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 55, 111-115, 2005-03-17

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002695951
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1155524X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    7320030
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top