江戸東京落語「八つぁん熊さん」の名の成立背景とそのルーツ(投稿広場)

この論文にアクセスする

著者

抄録

私はこの論文で、江戸東京落語の主人公「八五郎・熊五郎」の名の由来や、キャラクターとしての系譜について考察した。「八五郎・熊五郎」の名が落語の人物の名として定着したのは明治後期だった。ではなぜ、それらの名が落語の人物の名に抜擢されたのか。名に使われる語に注目すると、「八」も「熊」も「五郎」も皆神性を帯びているとされる語である。そういった「神霊に近い」ことを示す名が笑話の主人公につけられるのは、日本宗教が笑いと密接な関係にあり、人々が神仏に親しみを感じていたことが大きな理由であろう。又、「八五郎」という名を持つ実在の人物の中には、身分の高い武士もいた。明治期の庶民は、彼らに対する皮肉の意味で、「八五郎」という名の人物の滑稽な言動を笑ったという説もある。何れにせよ、「八つぁん熊さん」は一般的イメージとは裏腹に複雑な背景を持っており、その「成り立ちの複雑さ」は彼らを息の長いキャラクターにした要因であると思う。

収録刊行物

  • 笑い学研究

    笑い学研究 9(0), 133-140, 2002

    日本笑い学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002696774
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2189-4132
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ