新しい尿中たんぱく定量法の検討(その 2) : トリクロール酢酸-ポンソー S 改良法(界面活性剤の添加) Studies of New Methods for Urinary Protein Determination : II. Modified Trichloroacetic Acid (TCA)-Ponceau S Method by Addition of Surface Active Agent (Triton X-100)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

尿たんぱく定量法として界面活性剤(トリトンX-100)を添加したトリクロール酢酸-ポンソーS改良法について検討し, Pesceらの法, 佐々木らの改良法, ビウレット法およびその他の方法と比較した。この方法は温度やA/G比による影響がほとんどなく, ビウレット法との相関係数は0.998と良好な直線相関を示し, 高感度で満足すべき再現性を示した。操作はKingsbury-Clark法のように一段階ではなく簡便さはやや劣るが, 主な利点は, 高感度でしかもアルブミンとγ-グロブリンとでほぼ同じ感度を示し, 特異性が高い点が挙げられる。

Modified TCA-Ponceau S method for urinary protein determination by addition of surface active agent (Triton X-100) was studied and compared with Pesce-Strande method, the modified method by Sasaki et al. (1979), biuret method and others. This method was independent of temperature and was not appreciably affected by the albumin/γ-globulin ratio. The correlation coefficient between biuret method and this method was 0.998, and showed high sensitivity and satisfactory reproducibility. The procedure is not one-step and not as simple as Kingsbury-Clark method, but the main advantages of this method are its high and approximately same sensitivity for albumin and γ-globulin, and probably its specificity.

収録刊行物

  • 杏林医学会雑誌

    杏林医学会雑誌 11(4), 379-386, 1980

    杏林医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002696992
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00062945
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0368-5829
  • NDL 記事登録ID
    2339371
  • NDL 刊行物分類
    SC251(臨床検査・診断)
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-651
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ