中国プローブ実証実験における交通情報の作成と定量評価 Quantitative Evaluation of Traffic Information Data Based on Floating Car Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年、路側整備が不要な新しい交通情報システムとして、車両の走行履歴データを利用するプローブ交通情報システムが国内海外を問わず注目を集めている。このシステムでは、用いる計測車両(プローブカー)の台数やデータの収集頻度等、システムの構築環境が交通情報の精度や提供可能エリアの広さ、コスト等に大きく影響する。本研究では日中合同プロジェクトの一環として実際にこのシステムを開発し、システムの構築環境と作成される交通情報の(1)旅行時間精度、(2)渋滞度精度、(3)エリアカバー率との関連について、北京市で収集したバスの走行履歴データを用いて定量的に検証し、評価方法を確立した。Floating-car system is expected as a new traffic information system without large infrastructure. The information quality of this system,such as accuracy,area coverage and costs,is largely affected by its system environment,such as the number of floating cars and interval time of GPS data collection. With quantitative evaluation of traffic data through a demonstration experiment in Beijing(China),we showed correlation between the information quarity and the system environment for the first time.

Floating-car system is expected as a new traffic information system without large infrastructure. The information quality of this system, such as accuracy, area coverage and costs, is largely affected by its system environment, such as the number of floating cars and interval time of GPS data collection. With quantitative evaluation of traffic data through a demonstration experiment in Beijing (China), we showed correlation between the information quarity and the system environment for the first time.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告高度交通システム(ITS)

    情報処理学会研究報告高度交通システム(ITS) 2005(61(2005-ITS-021)), 21-28, 2005-06-17

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002702408
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11515904
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7379412
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ