ユビキタスホームにおける対話インタフェースロボットの試作  [in Japanese] A Prototyping of a Dialog Interface Robot at the Ubiquitous-Home  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 上田博唯 Ueda Hirotada
    • 情報通信研究機構 けいはんな情報通信融合研究センター National Institute of Information and Communications Technology
    • 近間 正樹 Chikama Masaki
    • 情報通信研究機構 けいはんな情報通信融合研究センター National Institute of Information and Communications Technology
    • 佐竹 純二 Satake Junji
    • 情報通信研究機構 けいはんな情報通信融合研究センター National Institute of Information and Communications Technology
    • 佐藤 淳 Sato Jun
    • 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 Nara Institute of Science and Technology

Abstract

UKARIプロジェクトでは、ユビキタスホームと名付けた各種センサや家電品がネットワークで統合された環境において、新しい種々のコンテクストアウェア型サービスを実現することを目指している。そして、このコンテクストアウェア型のサービスをユーザに適切に提供して行くための対話インタフェースロボットの開発を進めてきた。本論文は、この対話ロボットのコンセプトとプロトタイプ試作について報告する。

In the UKARI project we are aiming at realizing new context-aware services in the environment, named Ubiquitous-Home, which various sensors and electric appliances are combined with over the network. We had been developing a dialog interface robot to provide the context-aware services for the user suitably. This paper reports the design concept of the new dialog interface robot and its prototyping.

Journal

  • UBI研究会, 2005

    UBI研究会, 2005, 239-246, 2005

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002702597
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11838947
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top