非対称電子透かしにおける効率的な多ビット埋め込みについての考察 On Multiple-bit Embedding in Asymmetric Watermark

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、[1]を拡張し、実用的な多ビット埋め込み法についての非対称電子透かしを考察する。従来の多くの電子透かしは、埋め込み処理と抽出処理が対象であり、透かし埋め込みに用いられた秘密情報をそのまま、抽出に用いていた。従って、抽出時に秘密情報が、検証者に露呈してしまい、透かし情報が除去される危険性がある。この問題に対応すべくFurukawa らが公開鍵暗号方式であるPaillier暗号を用い、非対称な透かし検証プロトコルを提案している[5]。しかしこれを多ビット電子透かしにナイーブに適用すると、暗号化処理時間のオーバヘッドが問題となり、実用的ではない。そこで、多ビット埋め込みへの拡張をしたときの実用的な埋め込み方法について考察する。A new method of efficient multi-bit asymmetric watermark algorithm is proposed in this paper. Our methodology applies to the achievement of efficient multi-bit embedding for secure digital watermark detection that exposes no secret information to a watermark verifier. Furukawa proposed a secure watermark detection scheme [5] in 2004 using the Paillier encryption, but this method is not suitable for multi-bit embedding due to its heavy overhead in extraction processing time. We proposed a consideration for an efficient multi-bit watermark embedding method.

A new method of efficient multi-bit asymmetric watermark algorithm is proposed in this paper. Our methodology applies to the achievement of efficient multi-bit embedding for secure digital watermark detection that exposes no secret information to a watermark verifier. Furukawa proposed a secure watermark detection scheme [5] in 2004 using the Paillier encryption, but this method is not suitable for multi-bit embedding due to its heavy overhead in extraction processing time. We proposed a consideration for an efficient multi-bit watermark embedding method.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)

    情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) 2005(70(2005-CSEC-030)), 415-421, 2005-07-22

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002702754
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11235941
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7387259
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ