カラーイメージスケールを利用した音楽の特徴抽出 Characteristic extraction of music with color image scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

共感覚保持者, とりわけ音と色彩に関する共感覚保持者(色聴保持者)の存在については, メシアン, スクリャービンの例が有名であるが, そのような色聴保持者の報告から音と色彩の協調的な関係の存在が想起される.著者らは, 音と色彩の協調的な関係に注目し, 色彩のイメージ分析に使われているカラーイメージスケールを利用した音楽の特徴抽出を試みる.音楽専攻の大学生らに対するアンケート調査を行った結果, 音楽の微細な特徴を抽出することができた.共感覚および共通認識に関する様々な議論に一つの実証を与えることもできた.

Messiaen and Scriabin are well-known as the synesthesea hold person with regard to sound and color. We are able to imagine the relation of the cooperation between music and color from the report of the color-heard-person. We propose the method of a new characteristic recognition for music, by paying attention to the relation of the cooperation between sound and color. It is shown that the characteristic of music is extracted from the adjective image scale that is used with the color image scale. We verified the utility of this method from the questionnaire survey to the university student of the music major. It is shown that the extraction of the feature concerning feeling of music is possible as a result of the verification. Moreover, one proof was able to be given to various discussions concerning synesthesea and common recognition by extracting such cooperated feature.

収録刊行物

  • 知能と情報

    知能と情報 17(5), 615-621, 2005

    日本知能情報ファジィ学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002702806
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1181479X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1347-7986
  • NDL 記事登録ID
    7711045
  • NDL 雑誌分類
    ZM31(科学技術--数学) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z15-649
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ