674. 白亜紀二枚貝 Neithea の形態と本邦産種の分類学的再検討 674. NOTES ON THE MORPHOLOGY OF NEITHEA (CRETACEOUS PECTINIDS) WITH TAXONOMIC REVISION OF JAPANESE SPECIES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Neitheaは特徴ある規則的な放射肋と現生のPectenに比較される形状を持ち, 放射肋の系統的発達と適応形態を考察する上に興味深い素材である。また, その内層は現生のPectinidaeと異なりアラレ石から形成されていたと考えられ, 同科の殻構造の進化を理解する上に重要と考えられる。日本各地の下部白亜系に産するNeitheaについて, ヨーロッパの種との比較研究にもとづいて分類学的特徴を再検討し, 一部の種の分類名の改訂を行なった。牡鹿半島の鮎川層に産した新種N. altaはおそらく本属最古の種で, 二つのオーダーの放射肋が分化する過程を示している。N. atavaは世界的に広く分布する種で, 日本ではN. kanmeraiと呼ばれていた種がこれに相当するが, 最近大分県の佩楯山層と和歌山県の有田層から良好な標本が得られたので再記載する。

収録刊行物

  • 日本古生物学會報告・紀事 新編

    日本古生物学會報告・紀事 新編 1977(105), 27-54_1, 1977

    日本古生物学会

各種コード

ページトップへ