三世両重因果説の成立--上座部大寺派の縁起支定義 (東國大學校における第五十三回学術大会紀要(2)) How the Theory of Cause and Effect in the Three Periods was Formed : the definition of paticcasamuppadanga in the Theravada tradition

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 印度学仏教学研究

    印度学仏教学研究 51(2), 834-832, 2003-03

    日本印度学仏教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002707015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018579
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    会議録・学会報告 // 特集
  • ISSN
    00194344
  • NDL 記事登録ID
    6531896
  • NDL 雑誌分類
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教) // ZH2(哲学・宗教--哲学)
  • NDL 請求記号
    Z9-55
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ