安全で安心できるe-社会を実現するソフトウェアとシステム技術:2.オートノミックコンピューティング  [in Japanese] Software and Systems Engineering Enabling Safe and Secure e-Society:Autonomic Computing  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

自分自身を自律的に管理するコンピュータシステムを作りたい?コンピュータシステムが社会的基盤となるに従って顕著になった,システムを管理することの難しさを根本から解決するためのグランドチャレンジとして提唱されたのが「オートノミックコンピューティング」である.このオートノミックコンピューティングをテーマとし,昨年8月にはIEEE主催の国際会議Industrial Informatics(INDIN'03)に併設されたワークショップAutonomic Computing Principles and Architectures(AUCOPA '03)が開かれ,今年5月にはIEEE主催の国際会議International Conference on Autonomic Computing(ICAC '04)の開催が予定されており,注目を集めている.本稿では,オートノミックコンピューティングの問題意識,ビジョン,アーキテクチャ,そして1つの研究例を取り上げて,今後取り組むべき技術的な課題を紹介する.

Journal

  • IPSJ Magazine

    IPSJ Magazine 45(4), 348-353, 2004-04-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002711341
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    04478053
  • NDL Article ID
    6921613
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top