自然言語による情報アクセス技術:2.Web検索の技術動向と評価手法  [in Japanese] Information Access Technology with Natural Language:Recent Trends in Web Information Retrieval Techniques and Evaluation Methodologies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Web文書は、従来の情報検索が扱ってきた新聞記事、特許、学術論文などとは異なる特性を備えており、これまでWeb文書の特性を利用したさまざまな技術が提案・開発されてきた。また、Web検索の有効性評価という点では、実用を意識した評価が難しいとされてきたが、最近になってさまざまな試みがなされているところである。本稿では、Web文書を対象とした検索技術の最新動向を、とりわけテキスト処理手法およびリンク解析手法を中心に概観するとともに、Web検索に関する評価ワークショップを中心とした評価の取り組みについて紹介する。

Journal

  • IPSJ Magazine

    IPSJ Magazine 45(6), 569-573, 2004-06-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002711384
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04478053
  • NDL Article ID
    6990416
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-352
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top