超並列オブジェクトベース言語OCoreの並列計算機上での実装 An Implementation of the Massively Parallel Object - based Language OCore for Multi Computers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

OCoreはマルチコンピュータ上で効率的に実行されるよう設計された、並列オブジェクトベース言語である。オブジェクトの集合の構造化や通信の分敵、大域的操作などを可能とする「共同体」という概念の導入により、データ並列計算やマルチアクセスデータの記述を容易にする。本論文ではOCoreの概要と並列計算機ParagonXP/Sを対象とした言語処理系の実装方式、およびその予備性能評価にっいて述べる。また共同体を利用した応用例として分子動力学シミュレーションプログラムをとりあげる。

OCore is a massively parallel object-based language, designed to generate efficient code for multi-computers. In additiion to the fundamentals of parallel object-oriented languages, OCore introduces the notion of "community" that enables a structured set of objects to perform distributed communication and global operations. Communities support data parallel computations as well as multi-access data abstractions. In this paper, we present an overview of OCore, an implementation of its language processing system for the Paragon XP/S multi-computer, and the preliminary evaluation of the system performance. We also take a molecular dynamics simulation program as a real application using a community.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 36(7), 1520-1528, 1995-07-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002721904
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ