ネットワークプリエンプションによるギャングスケジューリングの実現 An Implementation of Gang Scheduling by Network Preemption

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々はシステムコールのオーバヘッドを削除したユーザレベル通信と,並列処理に有効とされるギャングスケジューリングに着目し,時分割多重並列プログラミング環境を構築した.本稿では,そのような並列プログラミング環境を構築する際の問題点を明らかにし,ユーザレベル通信とギャングスケジューリングという両者の利点を最大限に活かす手法として,「ネットワークプリエンプション」を提案する.ネットワークプリエンプションとは,並列プロセス切替え時に,プロセスのコンテキストのみならずネットワークのコンテキストをも退避/復帰しようとするものである.PCクラスタ上の評価結果では,500msecの時分割間隔において約2%のスケジューリングオーバヘッドであることが判明した.本稿で提案されたネットワークプリエンプションは,ギャングスケジューリングだけでなく,分散プロセスの大域状態検出などへの応用が考えられる.The goal of this research is the implementation of high-performance and easy-to-use parallel programming environment. We focus on the user-level communication technique and gang scheduling.In this paper,first we clarify some problems when implementing the user-level communication and gang scheduling,and then we propose network preemption that can extract the both benefits of the user-level communication and gang-scheduling.The network preemption is to save and restore network context when switching parallel processes.The proposed scheme is implemented on our PC cluster.On our evaluation on the PC cluster,gang-scheduling overhead is about 2% when the time slice interval is 500 msec.The proposed network preemption can be applied for not only gang scheduling,but also global state detection.

The goal of this research is the implementation of high-performance and easy-to-use parallel programming environment. We focus on the user-level communication technique and gang scheduling. In this paper, first we clarify some problems when implementing the user-level communication and gang scheduling, and then we propose network preemption that can extract the both benefits of the user-level communication and gang-scheduling. The network preemption is to save and restore network context when switching parallel processes. The proposed scheme is implemented on our PC cluster. On our evaluation on the PC cluster, gang-scheduling overhead is about 2% when the time slice interval is 500 msec. The proposed network preemption can be applied for not only gang scheduling, but also global state detection.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 39(9), 2705-2717, 1998-09-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002722284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    4559371
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-741
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ