語用論的条件の解釈に基づく日本語ゼロ代名詞の指示対象同定 Identifying the Referents of Japanese Zero Pronouns based on Pragmatic Condition Interpretation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、日本語対話において待遇表現、受給表現、特定の文末形式を発話環境の下で適切に使用するための語用論的条件を解釈することにより、対話登場人物を指示するゼロ代名詞の指示対象を同定するモデルを提案する。このモデルでは、発話環境として、対話登場人物間の待遇関係、話者の視点、情報のなわぱりに関わる言語外情報を利用する。発話環境は、環壌のあり方を規定する制約の集含として表される。語用論的条件の解釈は、環境に含まれる制約を用いて語用論的条件を充足させることによって行う。この解釈プロセスによって、文に含まれるゼロ代名詞の指示対象が同定され、また、新たな制約が環境の中に導入されることもある。新たに導入された制約は、後続する文の解釈に役立てられる。このモデルは、対話ドメインに特有な制約を与えることにより、対話ドメインにおける行為やイベントの因果関係に関する膨大な量の知識に頼ることなく、対話登場人物を指示するゼロ代名詞の指示対象を同定できるという利点をもつ。

A model is proposed to identify the referents of Japanese zero pronouns referring to persons by interpreting the pragmatic conditions of the appropriate usage of honorific expressions, donatory verbs and specific types of sentence-final grammatical forms in their circumstances. This model exploits circumstances pertaining to social relationships between dialogue participants, the speaker's point of view and the territory of information. The circumstances of utterance are represented as constraints which determine what the circumstances are like. Interpreting pragmatic conditions is regarded as the process of satisfying them using the constraints constituting the circumstances. Through the interpretation process, the referents of zero pronouns in a sentence can be identified, and there are cases where new constraints are introduced into circumstances. The new constraints serve to interpret the subsequent utterances. Moreover, this model has the advantage of identifying zero pronoun referents using constraints characteristic of dialogue domains without resort to a great deal of knowledge about actions and causal relationships in dialogue domains.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 35(5), 768-778, 1994-05-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002722711
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ