ブロードキャストメモリ結合形マルチマイクロプロセッサシステムの試作  [in Japanese] An Experimental Multi -Microprocessor Systern With Broadcast- Memory  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年 マイクロプロセッサによる並列処理システムの研究がさかんに行われるようになっている.本論文では 数値計算の並列処理を目的として試作を行ったマルチマイクロプロセッサシステムについて述べている.本システムは 複数のマイクロプロセッサを共通バスによって結合した構成をもつ.アクセス競合による効率の低下を少なくするため バス構成およびメモリのアクセス法に特徴をもたせている.とくに 全プロセッサに対して共有データの同時転送を行うブロードキャスト転送は行列計算に対して有効である.CPUには16bitマイクロプロセッサに数値計算プロセッサを付加して用い 数値計算の高速化を図っている.本稿ではまず システムの設計方針を述べ 次にハードウェアの詳細について述べる.最後に ガウス消去法による連立一次方程式計算に対して試作機による実行時間を示している.

Journal

  • IPSJ Journal

    IPSJ Journal 24(3), 351-356, 1983-05-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002723777
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top