直線図形の認知モデルと自動車用グラフィック・システムへの応用  [in Japanese] An Application of Cognitive Model of Rectilinear Figure to Graphic System of Automobile  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では 画像メディアの画面設計を行う際のユーザ・モデルとして 人間の視覚情報処理の特性を定量的に表現する認知モデルの構築を行っている.本研究で提案する認知モデルは ディスプレイ画面の情報量と 人間の視覚情報処理システムがそれの解釈を完了するまでに要する時間との関係を表すものである.ディスプレイ画面の情報量は 表示された図形パターンを線素に分解し その総和を求めることによって表される.画面の情報量と認知所要時間の関係は指数分布に従うと仮定している.このモデルの応用として自動車用のナピゲーション・システムに用いられるグラフィック・ディスプレイをとり上げている.そして 地図画面の最適表示時間を認知モデルによって決定している.

Journal

  • IPSJ Journal

    IPSJ Journal 28(8), 878-883, 1987-08-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002724309
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    NII-ELS  IR  IPSJ 
Page Top