高速通信機構 PM2 の設計と評価 The Design and Evaluation of High Performance Communication Facility : PM2

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, Myrinet, Ethernet等複数のネットワーク上で稼働する並列処理のための高速通信機構PM2を設計し評価する.PM2は, 既存ネットワークプロトコルに見られるプロトコルスタックの実現方法をとらず, 各ネットワークデバイスごとにPMプロトコルを実現するアプローチをとる.PM2は, 実行時に呼び出すネットワークデバイスを決定するため, アプリケーションを再コンパイルすることなく異なるネットワーク環境上で実行可能である.Linux上のPMネットワークデバイスとして, Myrinet, EthernetおよびSMP用にOSの共有メモリ機構を用いたデバイスが実装されている.PM2をPentium III 500MHz2CPUを搭載した16ノードのSMPクラスタでNAS並列ベンチマークを用いて評価した結果, 16ノード時にISではGigabit Ethernet上のTCP/IPの結果に比べ, PM2のMyrinetでは2.5倍, PM2のEthernetでは2.1倍の性能向上が得られている.また, PMデバイスを実行時に切替えるオーバヘッドは, 最も影響を受けるSMP用のPMデバイスで0.05μs(3.6%)である.

This paper describes the design and evaluation of a high performance communication facility, called PM2, for parallel processing on multiple network environments, such as Myrinet, Ethernet, and a facility using shared memory supported by the OS. Each PM device is realized independently using its optimal way. PM2 does not employ the protocol stack architecture used in existing network protocols, because of its overhead. PM2 switches network devices at runtime, and programs using PM2 are able to execute on differently configured of network environments without re-compiling. PM devices, Myrinet, Ethernet and a device using shared memory supported by an OS for SMP, have been implemented on Linux. The PM2 performance has been evaluated on a 16 node dual Pentium III 500MHz PC SMP cluster. The results of the NAS parallel benchmark IS show that the IS performance on PM2 Myrinet is 2.5 times faster, and, that on PM2 Ethernet it is 2.1 times faster than that on TCP/IP on Gigabit Ethernet. The runtime device switching overhead is 0.05μs(3.6%)on the shared memory PM device.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌. ハイパフォーマンスコンピューティングシステム

    情報処理学会論文誌. ハイパフォーマンスコンピューティングシステム 41(1), 80-90, 2000-08-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002725573
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11560614
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875806
  • NDL 記事登録ID
    5731903
  • NDL 請求記号
    Z74-C192
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ