理工学分野の諸引用尺度  [in Japanese] Citation measures of physical sciences and technology  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

理工学34分分野の雑誌を対象に,引用数,自誌引用率,被引用数,impact factor,decay index,immediacy indexの各引用尺度について調べ,分野ごとに平均を計算した。その結果,以下の点が明らかにされた。 (1)一般に,引用数の多い分野ほど,被引用数も多く,impactfactorの値も高い。応用・複合科学分分野は,被引用数,impact factorがともに低い。(2)decay indexの値は分野による差があまり大きくない。ただし,伝統的な分野よりも,最近発達してきた分野の方が,比較的値が大きい。(3)immediacy indexは,分野による差が大きい。応用・複合科学,および数学,力学などの伝統的な分野で値が低い。

Journal

  • Dokumenteshon kenkyu

    Dokumenteshon kenkyu 33(6), 273-279, 1983

    Information Science and Technology Association, Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002730758
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00172819
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0012-5180
  • NDL Article ID
    2595579
  • NDL Source Classification
    M041;U21
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top