材線虫病抵抗性マツ,テーダマツおよびストローブマツ,のマツノザイセンチュウ感染に対する化学的防御反応 Chemical Defense Responses of Wilt-Resistant Pine Species,Pinus strobus and P.taeda,against Bursaphelenchus xylophilus Infection

この論文をさがす

著者

抄録

マツノザイセンチュウを感受性のクロマツ,抵抗性のテーグマツおよびストローブマツの枝に接種し,接種枝からのエタノール抽出物の分析を行った。線虫接種1週間後にストローブマツの皮層,師部および木部で抗菌性物質の集積が認められた。この活性は実験期間中維持された。木部から抽出された抗菌性物質にはpinosylvin, pinosylvin monomethylether,pinobanksin,pinocembrinが含まれていた。これらの物質は線虫を不動化すると考えられた。テーダマツとクロマツで接種5週問後に菌に対する阻害活性がわずかに認められたが,線虫に対する不動化活性は認められなかった。これらのことから,ストローブマツ接種枝では線虫感染に対する抵抗性反応として,エタノール可溶性の阻害物質が生産されることが示唆された。

Bursaphelenchus xylophilus was inoculated into the branch of wilt-resistant Pinus taeda and P.strobus, and susceptible P.thunbergii. Ethanol-extractives from the inoculated branches were investigated for the presence of unique resistance chemicals. Accumulation of antifungal substances were observed both in the cortex/phloem and xylem of P.strobus one week after inoculation. Their activity was maintained during the experiment.Pinosylvin, pinosylvin monomethylether, pinobanksin and pinocembrin were identified among the inhibitory substances extracted from the P.strobus xylem. These substances are thought to immobilize B.xylophilus. Only slight inhibitory activity to the fungus but not to the nematode was detectable in P.taeda and P.thunbergii 5 weeks after inoculation. This suggests that ethano1-soluble inhibitory substances are produced in the resistance responses of inoculated branches of P.strobus against B.xylophilus infection, but not of P.taeda.

収録刊行物

  • 日本植物病理學會報

    日本植物病理學會報 59(6), 666-672, 1993-12-25

    日本植物病理学会

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002736651
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019269X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    00319473
  • NDL 記事登録ID
    3869699
  • NDL 刊行物分類
    RB67;RB24
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-347
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ