CLUマシンシステムの開発  [in Japanese] Development of the CLU Machine System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

高性能個人用計算機向けOSを データ抽象機能を持つ言語CLUを用いて開発した.本システムの基本設計は1985年秋に開始され 現在NEC PC-98XA/XL計算機上で中核部分(記憶域管理 プロセス管理 モジュール管理) ファイルシステム CLUコンパイラ ウィンドシステム ネットワークモジュールおよびいくつかの応用プログラムが動作している.本システムは単一言語系の考え方を採用することにより コンパクトで見通しのよいシステムにできた.またCLU言語のデータ抽象磯能は モジュール間の独立体を高め 分かりやすく構造化されたシステムとする上で効果があった.

Journal

  • IPSJ Journal

    IPSJ Journal 29(10), 966-974, 1988-10-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  2

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002764509
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IR  IPSJ 
Page Top