対象物の属性特徴による画像検索法 -風景画像中の山を例として-  [in Japanese] A Retrieval Method of Image Database Using Attributive Features of Objects -In Case of a Mountain in the Scene Image as an Example-  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

画像データベースにおいて 各画像に検索のためのインデックスを自動的に付ける方法は 検索方法と関わる重要な問題である我々は 人間に親和性のある検索方法を実現するためには画像を認識することが必要であるとの立場から 画像を認識し その属性特徴をキーとして 画像を検索できるシステムを風景画像中の山を対象として作成したまず 入力された画像に存在する山は 前処理 領域分割処理などの構造化処理を経て認識されるこれにより システムは山の領域を判別できるので 山の属性特徴としての 色 形 大きさ 頂上の位置の4つの属性特徴を計興し これを画像検索のためのインデックスとする検索方法は システム主導型の検索方法であるすなわち システムが山の属性特徴をメニュ形式で提示し 利用者はそれを対話的に選択していくことにより検索をすすめるこの方法は 他の方法(スケッチによる類似検索法など)よりも柔軟性にかける場合もあるが 記憶が暖昧なときでも画像が検索できるという大きな利点がある実際にシステムを作成し デモンストレーションにより評価した結果 対象物の属性特徴を用いた画像検索法の有効性が確認できた

Journal

  • IPSJ Journal

    IPSJ Journal 32(4), 513-522, 1991-04-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002764688
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top