代数的仕様と時制論理によるリアルタイムSAとオブジェクト指向設計の融合手法  [in Japanese] An Integration Method of Real Time SA and Object Oriented Design Using Algebraic and Temporal Logic Specifications  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では形式的仕様記述手法が実用に供せられるための種々の課題に対して以下の解決案を示しているまず 分析フェーズにはりアルタイムSA 設計フェーズにはオブジェクト指向設計を採用し さらにフェーズ間の流れをできる限り自然にすることを試みているその際に データや機能に関する記述には代数的仕様 同期やイベントの記述には時制論理を適用するまた 代数的仕様による記述内容の検証には 項書換え系を採用し 正しさの保証されたプログラムを生成するために時制論理の定理証明系を採用する以上の過程を経て 最後にAdaのタスクを生成する

Journal

  • IPSJ Journal

    IPSJ Journal 33(2), 173-182, 1992-02-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  23

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002764736
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top