組み込みソフトウェア開発プロジェクトに関するプロジェクト管理モデルの検討  [in Japanese] Studies on Project Management Models for Embedded Software Development Projects  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年の情報化の進展にともない,ソフトウェアを開発している企業や部門においては,それらのソフトウェアを定められた品質,コスト,期間を確保しながらいかに効率良く開発するかが非常に重要になってきている1) 2).そのため,これらのソフトウェア開発を行っている企業・部門はプロセス改善をはじめとしたさまざまな改善を行っている3)~5).そこで,本論文では企業と連携することによって,通常は公開されないソフトウェア開発プロジェクトの実績データの分析を行い,その分析結果から見積り時よりも工数がかかってしまう失敗プジェクトの判別手法について検討した.そして,この判別方法に基づいたプロジェクト管理を支援するツールを,すでに導入されている進捗状況管理ツールに統合する形で実装した.さらに,これまで利用されていた新規開発プロジェクトの工数を見積る手法の見直しについて検討し,統計的手法を利用することで新規モデルを作成した.このように本研究では産学連携することによって企業内のみで扱われている入手困難なプロジェクトの実績データを扱える貴重な機会を得ることができた.さらに,企業側としてはプロジェクトの分析・評価に関する研究を企業内の人的資源は確保したまま効率的にコストを抑えて行うことができた.Software productivity and quality are very important for companies with the advance of information technologies. Many companies or departments improve the processes of embedded software developments. In this paper, we analyze the practical data of embedded software developments, which are normally veiled, in cooperation with a company. We discuss and develop a model to judge whether a software development project will be success or failure. We implement the model as the software tool integrated into the current project management system. In addition, we review the current mesure to estimate the number of man-day of new software development project and discuss a new statistical measure.

Software productivity and quality are very important for companies with the advance of information technologies. Many companies or departments improve the processes of embedded software developments. In this paper, we analyze the practical data of embedded software developments, which are normally veiled, in cooperation with a company. We discuss and develop a model to judge whether a software development project will be success or failure. We implement the model as the software tool integrated into the current project management system. In addition, we review the current mesure to estimate the number of man-day of new software development project and discuss a new statistical measure.

Journal

  • IPSJ journal

    IPSJ journal 46(5), 1137-1144, 2005-05-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  14

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002768619
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL Article ID
    7359656
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-741
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top