音声情報処理技術の最先端:5.話し言葉における言い直しの処理 State-of-the-art Technology of Speech Information Processing:Speech-repair Handling in Spoken Language

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 言い直しは,話し言葉の特徴の1つであり,音声言語処理を困難にする.たとえば,言い直しによって,話速やピッチの変化,単語断片の混入が生じ,正確な音声認識が困難になる.また,文法から逸脱した表現や冗長な表現は,構文・意味解析を困難にする.本稿では,言い直しの言語現象を,その生成メカニズム(言い直し行為)と結果(言い直し表現)の2つの側面から解説する.そして,言い直し表現を実際に処理するための手法を言語処理の観点から紹介し,言い直し処理の現状と将来の展望について述べる.

収録刊行物

  • 情報処理

    情報処理 45(10), 1032-1037, 2004-10-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002769592
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    04478053
  • NDL 記事登録ID
    7119601
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ