小開胸併用胸腔鏡下手術により救命できた出血性ショックを伴う特発性血気胸の1例  [in Japanese] A Case of Thoracoscopic Surgery in Combination with Small Thoracotomy for Spontaneous Hemopneumothorax with Hemorrhagic Shock  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

症例は18歳の男性.胸痛,呼吸困難で発症し,症状が増悪したため救急車で搬入された.諸検査にて血気胸と判明し,12Fr.の胸腔ドレーンを留置,血性胸水および空気の持続吸引を開始した.その後呼吸困難が増悪し,ドレナージが不十分と判断,20Fr.の胸腔ドレーンに入れ替えた.しかし,胸腔ドレーンによる排液効果が一向にあがらず,胸部CT検査にて血腫の増量が認められた.血液検査上貧血が進行し,血圧も徐々に低下したため,緊急手術を施行した.小開胸すると,胸腔内には約1800mlの凝血塊が認められた.出血点を確認するため小開胸創より胸腔鏡を挿入したところ,ブラが癒着していたと考えられる肺尖の壁側胸膜の索状物よりの出血点が確認できた.これを電気メスを用いて凝固止血した後,ブラを切除した.術後経過は良好であった.大量の血腫を伴い,出血性ショックに陥った特発性血気胸症例に対し,緊急の小開胸併用胸腔鏡下手術が奏功し,良好な経過が得られた1例を経験したので報告した.

Journal

  • 山口医学

    山口医学 52(3), 77-81, 2003-06-30

    山口大学医学会

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002773817
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00243156
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    05131731
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  IR 
Page Top