ネットワークリテラシー教育のシラバスと教材研究  [in Japanese] The Study of the "Network Literacy" Course  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

インターネットの特性を知り、その可能性と限界を深く理解、考察した上で、自らの問題解決にネットワークを利用する力をもつことは、学部学科に関係なく必要なことである。情報リテラシー教育からインターネットの活用を中心にした部分を分離し、独立した科目を設計した。そしてその教育内容と具体的な演習例を検討した。

It is necessary for nonmajors to study how to use the network for solving their problems. We designed a course, "Network Literacy", and developed various samples and worksheets for its active course work.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 50, 25-32, 1998-11-13

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  9

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002776505
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top