気管支循環からみた気管支の形態と機能 : 特に気管支循環系と肺循環系の関連について(気管支の構造と機能)(第 19 回日本気管支学会総会)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ヒト正常肺および疾患肺に, 気管支動脈からはオレンジ色のシリコンラバーを130cmの水柱圧で注入し, 同時に肺動脈に直径40μmの黒色カーボン粒子を混合した黄色のシリコンラバーを40cmの水柱圧で注入した。立体顕微鏡を用いて気管支動静脈および肺動静脈を観察し, 正常肺における両循環系の関連を検索し, さらに疾患肺における両循環系の関連の変化を検討した。ヒト正常肺において区域気管支ないし亜区域気管支に40μm以上の内径をもったprecapillaryの気管支動脈肺動脈吻合が存在することを示す所見を得た。また気管支拡張症肺においては気管支動脈の拡張および蛇行がみられ, 多数の気管支動脈肺動脈吻合の存在を示す所見を得た。

Journal

  • The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 18(8), 808-811, 1996

    The Japan Society for Respiratory Endoscopy

References:  5

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002819915
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357687
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0287-2137
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top