気管支動脈塞栓術(BAE)の適応と成績(<ミニ特集>気道出血(喀血)の対応)  [in Japanese] Application and Treatment Outcomes of Bronchial Arterial Embolization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

気道出血に対する治療は,原因となる肺疾患や出血量に応じて様々な治療がなされている.少量の出血では,安静臥床,止血剤の投与を行い,原因疾患があればその治療も併せて行う.しかし1回の出血が100ml以上の喀血や,出血により急性呼吸不全が進行する症例では緊急性を要し,その対応に苦慮することも多い.特に1〜2時間で400ml以上の喀血は生命に関わる場合もあり迅速な対応を要求される.喀血に対する治療には,気管支鏡下での止血,気管支動脈塞栓術(bronchial arterial embolization,以下BAEと略す),肺切除があり,適宜治療法が選択される.当科では喀血の治療の第一択にBAEを施行している.1997年から2004年2月までに60例の喀血症例にBAEを施行した.自験例を中心に適応,成績について述べる.対象 1997年11月から2004年2月までに60例にBAEを実施した.男女比の内訳は男41例,女19例で平均年齢は63.68±13.08歳(24歳〜91歳)であった.基礎疾患は気管支拡張症21例,陳旧性肺結核10例,肺癌8例,気管支動脈異常5例,特発性出血4例,アスペルギルス症3例,肺化膿症3例,その他6例(Table1)であった.

Journal

  • The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 26(7), 609-613, 2004

    The Japan Society for Respiratory Endoscopy

References:  8

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002821378
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357687
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0287-2137
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top