大分大学医学部附属病院呼吸器内科  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

大分大学医学部附属病院は604床を有する病院で,大分医科大学附属病院として昭和53年に開設され,平成15年10月に大分大学と合併統合され現在の名称となりました.昨年までは,大分大学医学部第2内科の呼吸器グループと第3内科の呼吸器グループがそれぞれ単独で呼吸器内科の診療を担当しておりましたが,平成17年1月より臓器別診療体制に移行したことに伴って統合再編され,旧内科第2那須勝教授を診療科長,旧内科第2門田淳一助教授と旧内科第3宮崎英士助教授を副診療科長として新たに附属病院呼吸器内科として発足しました.現在の学内の呼吸器内科医数は18名であり,上述の教授,助教授2名に加えて,助手7名,医員5名,研修医3名よりなります。現在の呼吸器内科の病床数は25床が定数ですが,常に30名を越す患者さんが入院しています.診療は肺感染症,肺癌,気管支喘息,慢性閉塞性肺疾患,間質性肺炎等すべての呼吸器疾患を網羅しています.外来診療は,毎日の新患外来と再来外来を担当し,水曜日午後には咳,喘息外来を開設しています.

Journal

  • The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 27(2), 148-149, 2005

    The Japan Society for Respiratory Endoscopy

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002825804
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0287-2137
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top